ビジネスには貸し会議室や居抜き物件がベスト|最小限の負担で絶好調

ビル

オフィスに最適な物件

新しいタイプのオフィス用物件

オフィス

起業ブームやSOHOなどのように、これまでとは違った働き方が珍しくなくなった今、事務所においてもこれまでとは異なる形態のものが登場しており、注目を集めています。 これまでは、不動産会社を仲介した、オフィス向けの賃貸物件が、事務所として主流を占めていましたが、最近ではこれら賃貸型の物件に加え、レンタルオフィスの存在があらたな形として注目されています。 レンタルオフィスは、ビルのワンフロアを様々な大きさの部屋に区切り、その広さや試用期間に応じた料金を払うことにより利用することが出来るスペースになります。 レンタルオフィスが台頭してきた背景としては、長らく続いていた景気の低迷を、第一に挙げることが出来ます。

オプションサービスを付加して事務所としての体裁を整える

一人用から数十人程度と言ったように、様々な広さの部屋があることから、ニーズに応じた利用が可能なのも、レンタルオフィスが人気を集めている理由になります。 小規模程度のスペースの場合、起業したてで賃貸事務所を契約する余裕はないものの、オフィス街に事務拠点を構えたいと言う事業主の利用が多くを占めていますが、中には資格取得の勉強用のスペースとして、個人で利用しているケースも見受けることが出来ます。 レンタルオフィスでは、オフィス用のスペースの貸し出し以外にも、様々な事務サービスを展開しているケースがあります。 運営業者により違いはありますが、電話転送・郵便や宅配物の受け取りなども、オプションサービスとして用意されています。